幾つかの出逢いと別れ、そして・・・今、君に出逢った
会話
2006-10-12 Thu 13:17
さぁ、仕事一段落。

何日か前から彼は風邪気味。丁度隷華が体調を崩した前後だったかな。

確か携帯メールでそんな連絡が入った。
最初は大した事なさそうな様子だったけれど
その後の徹夜と睡眠不足が祟って酷くなったらしい。
「引き始めにちゃんと大事にしないと酷くなっちゃうよ。」と一言。
でも予定と乗りでついつい無理しちゃったんだろう。

暫くお互い上げていなかったメッセを又上げるようになった。
私の帰宅が比較的遅いので余り会話をする事が無いけれど、
名前の横に一行メッセージが入れられる。
仕事からの帰り道、携帯を入れてみる。
出ないなぁと思いつつ帰宅してメッセを上げたら一行メッセージ。
自然に笑みが毀れる。隷華も同じ様に名前の横に一行メッセージを入れる。
「手が空いたら声をかけてね。」と。
義務でも命令でも無く、相手を思いやる気持ち。
オフメも嬉しいけれど。PCの前にいるけれど、「無視」では無く声を掛けない理由が分かるって何かいい。
だってしなければいけない事、したい事は有るものねっ。
一方通行では無くそこに少しだけ相手への気持ち。
お互いがそれを持ち続けていられたら離れていても揺るぎ無い関係が育めるのだと思う。

あ~そういえば隷華の友人の素敵なカップル。
彼も先日お逢いしたけれど、その2人がそんな風にしてたな、と思い出した。
お付き合いが始まってもう2年?お互いに忙しく仕事をしている。
私達が使っているメッセでは無いけれど、PCの前にいる時には多分必ずと言って良いほど上がってる。名前の横に必ず一行のメッセージが入ってる。
「寝る~」「仕事~」等々。いつもデートしてそうな気もするんだけど(笑)
相手に余計な心配や不安を持たせない様にする事って大切なんだよぉって感じる。

小さな気配りをしてくれる様になった彼。
「お願い」って形で隷華が声を掛けたのだけれど、
「出来れば上がれる時にはメッセ上げててね。
連絡取りたいって思う時が有るから。」
一行メッセージを入れてくれるのは彼からだった。
真似して隷華も入れるようになったんだ。
今日は自宅でPCを前に朝から仕事。メッセはあげっぱなし。
彼は自宅療養中(風邪でお休み。)ちょこっとだけメッセをした、そして今頃夢の中。寝て治す。らしい。睡眠大切ね。ゆっくりと休んで。

今もメッセの横には一行メッセージ。
嘘を付けない隷華と、嘘を付かない彼だからこそ、その一行がいい。
そこに何の作為も無いって思えるから自然に言葉が心に入ってくる。

「仕事中~」「お仕事がんばって」
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<思案 | 隷華・・・そしてShadow | もう少し>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 隷華・・・そしてShadow |