幾つかの出逢いと別れ、そして・・・今、君に出逢った
後日談(苦笑)
2007-06-25 Mon 11:30
さてさて、あの日付けた貞操帯

翌日仕事から帰ってメッセをあげてみると
彼からのオフメが入っていた。

「残念なお知らせが有ります。」

・・・?

何だ?逢う予定がキャンセルか?
「実は・・・」

「貞操帯が取れました。」

ヾ@@ノ

まだ一日経って無い。

一体何が有ったんだ???

付け方に間違いは無い事はきちんと説明書も読んでいるし
彼がその辺はきちんとしている子だから大丈夫。
鍵も閉めたよねぇ。どこが取れたんだろう?
痛いとかトイレがし難いとか、そんなオフメなら予想は出来た。
『取れる』これが全く予想もしていない出来事。
彼の説明文でも今ひとつ理解が出来ない私。

謎を抱えたままでいると彼がメッセに上がってきた。

「隷華さまぁ~こんばんはぁ」

「こんばんは」

「オフメ読んだけど~。取れた???」

「はい、取れました。」

「取れたって意味がどうも理解出来ないで悩んでいたんだけど、

どんな風に取れたんだろ?」

「実はですねぇ~体温調整でタ〇が小さく縮んだ時にするっと@@」

「・・・・」

男性の身体は実に奇妙だ(笑)
もちろん、男性のタ〇が体温調整で伸び縮みする位の知識は私だって持ってる。
でも、あの時随分としっかり装着してたんだけど。
私の想像以上に、ううん彼の想像も越えた(爆)伸縮をしたらしい。
タ〇抜け・・・これは困る。だってそこが根元だし基本土台?だから。
うーん、目に見えない事なので納得がいかなくて、疑問符はそのままで

「付けに走るしかないか・・・。」

ボソっと独り言。

「え・・・付けに来てくれるの?」

聞き逃さなかったらしい^^;
思わず出た独り言に即反応。

「う・・ん、まぁ、折角の貞操帯、試着?何日かしないと調整も出来ないしね。」

「やっぱり棒を切って自分のサイズに合わせないと駄目なのかと思います。」

ふむ・・・

「近いうちに行くわ。」

全く予定に無い日だったけれど、どうも性格上疑問をそのまま放置が嫌い。
原因追求、解明、改善。これは素早くだ(笑)

「来てくれるの何時~?」

「そうだね、明日、もしくは明後日かな。仕事の予定が上手く組めそうなの。」

「君の都合は?そのどちらかならいいよ?」

「んと、月曜なら大丈夫です。」

「それじゃ、仕事一件終えてから行くか。時間は・・。」

ささっと時間を合わせて待ち合わせ場所を決めて終了。

さて、当日は食事、談笑などで過ごしホテルへ。
早速どんな風に取れたのかなどを実践も交えて。
しかし勃起するから付けられない。
叩くと余計勃起するし、撫でても駄目、全くどうしようもない。
一昨日あれ程満足させてあげたのに、節操ないなぁ。
その淫乱さというか変態さ加減は天下一品かもね。
若さも有ってだろうけど、回復力と貪欲さには思わず脱帽もの(笑)
ま・・それ位じゃないと私も楽しめないからいいけど~♪

結果、リングのサイズを甘くしてた彼がいけないって事実と
調整棒をきちんと合わせて切らないとどうにもならないって結論。

「自分のサイズに切ってこないと駄目だね。」

「うん」

これってね、自分じゃ切らない気満々の言いっぷり<彼
いつもの事なのよねぇ。
自分のものなんだから自分でやってこいよおおお!!!みたいな(笑)
不器用は私も負けないのだけれど、気になると直ぐに実行しないと気が治まらないから、
ぐずぐずしてる彼を頼るより、さっさと実行しちゃう。
この日も例に漏れず・・・(爆)
折角逢ったので、まぁ素直に直ぐ取れた報告もしてきたし、
軽くドライで何度かいかせて上げてさっさと帰宅。
夜中だし、仕事だし、直ぐに寝る~。
が、出来ない^^;
早速切れるお道具を探し、目ぼしい物を見つけてギコギコ。
30分程度でスパッと切れた。
切り口のバリが気になって削ってはみたけれど、やっぱり鑢が無いと駄目かな。
一応オフメにその旨を伝えて白々と朝が明けていく外を眺めた。
はぁ~又寝ないでこんな事しちゃったか^^;
まぁいいか。しかしなぁ、これで取れるようだともう手の尽し様は無い?
リングは小さいのに換えないとね。
甘ちゃん彼にサイズを選ばせたのは私の失敗だわ。

週末に2泊で逢う事になってる。
その時に再度挑戦。

そんな週末は殆ど「寝」に行ったのか?と思うほど良く寝て
物凄く食べて、笑って、歩いて来た。
露出や野外に絶好の場所も見付けて来た。
次回はそれもw目的に行こう。

彼にとって最大の出来事はニップルピアスを入れた事になるかな。
とても久しぶりにピアスを入れてあげた。
もちろん別れ際には調整を終えた貞操帯をしかりと装着して帰した。
そんなお話は次回で^^
別窓 | 感性(彼) | コメント:0 | トラックバック:0
<<ピアス | 隷華・・・そしてShadow | 貞操帯>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 隷華・・・そしてShadow |