幾つかの出逢いと別れ、そして・・・今、君に出逢った
美味しい♪
2007-04-09 Mon 19:01
週末に彼と逢った。

早起きをして待ち合わせ。
今回は都内で遊ぶ予定だったから^^

都内某所に車で突入!初挑戦です。
そしてそんな車内で何気無くね、
隷華は約束しててずっと忘れてて持って来るのを忘れた○○ゲームソフト、昔のアイドルwのCDを

今回は忘れずに持って来たからね~。

後ろの座席に有る青い袋がそれだよ。 と。

あ~、えっと僕もぉ。

ごそごそと持って来たバックの中を探り、

あのね、これ、バースディプレゼント♪

・・・?

プレゼントは無しの予定だったじゃん。

あれぇ、そうでしたっけ?そんな事僕言いました?

^^;相変らずどこまでが本気の発言で、どこまでがいい加減?なのか
私には未だに計りきれない・・・。

この前大分奮発してくれたのに、又お金使っちゃって~。
大変だったでしょ。

え、と保冷剤入ってるんですけどぉ。

むむ、食べ物。まさかアイスって事はないよね。
肉・・・それこそありえないよね。
しかし、ありえないことをする子でも有る(苦笑)

さぁ、なんでしょう?(ニヤ)

^^;ニヤじゃなくてさぁ、何だろう。想像が付かないんだけど。
困っていると 食べます?と聞いてきた。
嫌、今はお腹空いてないし~朝食ちゃんと取って来たもん。

暫く走ってコンビニへ。
飲み物を買って車に戻り、再び 食べます?

そうだね~じゃぁ、開けよう^^
走りながらでごめんよー。必死に袋から出し箱を開ける。

あああああああああああ、こ、これはかの有名な・・・。
そうなのよ。好きなお菓子も良く似てて、
前にその話もしててね、高級なウエハースのお店屋さん。
何千円もするのよ。ほんの一欠けらが@@ノ。
隷華の誕生日にってわざわざ渋谷まで出て買って来てくれたんだそうで。
詰め合わせの袋も箱もリボンも可愛くてね^^
全部持って帰って来ました。
そしてその美味しかった事♪
車で数個。ホテルにチェックインして間食(笑)

今回のバースディは『おめでとう』要求記事書いたかの様な所も有り^^;フライング気味だけれど、今までで一番嬉しいバースディになりました。

ん?都内に行って何をして来たか?って。
それはお互いのオタク心を少々満喫してきまして、
夜桜見物を雨に阻まれ、その勢いで女装露出決行!となりました*^^*
物凄く沢山歩いたので、そして露出で一杯時間使ったので、
ホテルに戻ってからの拘束系にゃんにゃんはお預け。
彼の身体はひとつなので、大切に扱わないと壊れちゃいますもん。

初めての経験と、夜の都会の意外な面と、うーんこれは女装&露出
まずは夕暮れ~から出来る^^vと云う色々を試しつつ、
これからの勉強もして来ました。

次の日

「ねぇどんな場所で露出したい?」

「都内♪」

良し!上手くいった(笑)
これで都内露出がこれからの楽しみになりそうです。
慌てず女装、露出、野外行為と進んでみようと思いました^^b

今回の写真は裏にね^^
そして何もしないと云いつつ、普通ににゃんにゃんですから
車でも駐車場でも、ホテルでも(笑)

記事は後日ゆっくりと更新していきますね。



最近アナルで射精してイク、とおちんちんで射精してイク、快感の違いに気が付き始めた彼。
そしてどちらのドライも出来る彼。
どんどん変態さが増しています。
アナルの快感は底知れず・・・です。
まだまだスタート地点から一歩程度。
もっともっと教えてあげるからね。

気持ち良すぎて我慢足りなくて早漏気味・・・。
駄目だって言ってるのに。
ドライでイク事も許さないで寸止めするとかなりきついらしく
射精の波を指で止めても中でイッてる(思いっきり逆流してるw)
中でイクと萎えちゃうから駄目だってば・・・。

少しいい気になって快感を貪ってるからお仕置き考えないとなぁ。
毎回本当に考えますよ。
淫乱過ぎるんだからね、全くっ。
別窓 | 光と影 | コメント:3 | トラックバック:0
<<脱いで! | 隷華・・・そしてShadow | Happy Birthday(補足)^^;>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-04-11 Wed 11:47 | | #[ 内容変更]
アンちゃんへ
^^うん、嬉しかったし、意外だったから驚いた(笑)
2007-04-10 Tue 23:30 | URL | 隷華 #7nflydWA[ 内容変更]
バースデイプレゼント、よかったですね(^^)
2007-04-10 Tue 17:29 | URL | アン #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 隷華・・・そしてShadow |