幾つかの出逢いと別れ、そして・・・今、君に出逢った
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Cメール
2007-04-03 Tue 14:06
聞きなれない携帯の音楽。
着メロの設定も買ったままのCメールを受信した音だった。

ん?見慣れない携帯番号。

『○○み』です。覚えていらっしゃいますか?

多分ニックネーム。
その名前を忘れるはずは無くて。
それでも携帯のアドレス帳からはとおに削除してた(笑)
余り残しておく方ではないからそれが自然^^

遠い遠い県に住んでいて何年も前に
半年ほどのメールのやりとりをしていた彼。
私がまだ「隷華」と云う名前で某SM出会い系サイトに登録してまもなく出会った子。
未経験で、でも自分の中のM性を感じて彷徨っていたんだよね。
どんな話をしていただろう?
細かい事はすっかり忘れたけれど、写メールは送ってくれた事が有って
その顔立ちとイメージは覚えてる。

「大切な恋人がいるんです。結婚を考えています。」

確か最初にそんな話をしていた様な気がする。
主従関係、ましてや恋人になんてなるはずも無い環境だったけれど
昔から変わらない「大きなお世話」で相談事に乗っていたんだ(笑)

これはアドレス帳の整理でもしたらアドレスが残ってて
久しぶりだからメールしてきたのか?
それとも結婚の報告か^^
小さな関わりでもそんな報告だったらとても嬉しいもんだ。

そのままを彼にメールしてみると

『一年前に恋人が出来ました^^』

あ~、以前の恋人とは私と音信不通になる頃に別れてたんだっけ・・?

「おぉ、それはおめでとう。ふむふむ。」

『あの・・お時間大丈夫でしたら相談が有るんですけど・・。』

私に相談事って恋の悩みか^^;
それは良く受けるんだ。若い頃占い師とかカウンセラーとかね
果ては新興宗教の代表になれば成功するって言われてた位、
何故か相談にくる方が後を絶たない。
へ?もちろんボランティア@@/

「ん?どうした?」

『じ・・実は彼女普通だと思ってたのにMなんですぅ~』

ヾ@@ノえええええええええっ

「僕、責めなきゃいけなくて、そんなの出来ないし、だってMは僕だしぃ」(涙)

「・・・・」

「彼女ではイケないんです。妄想で責められて、強要されて・・。」

「そんな風に思ってでないと感じないんです。なのに、彼女責めてって。」

「・・・・」

まっ、それはそうだろ、だって彼はM性は有ってもSはまるで未経験だろうし、その気もない。
いやぁ、どうみても無理!!^^;
しかし何でまたそんな彼女を選んだんだ・・?!
性癖は一生付きまとうものだから、一生をそれで自分で納得して過ごせるなら、それがいい。
でもね、どこかでその性癖を抑制出来なくなったら又彷徨うんだ。
身体が彷徨うだけなら今はクラブも有るから満たされる。
でもね、心が満たされないなら、クラブに通っても彷徨う心は変わらないんじゃないか・・?
色々な人を通してそれを強く感じた。

「イク時は隷華様に責められてる事を想像する事が多いです。」

^^;;そ・・それはしなくていいから(苦笑)

リアルでは逢えない距離の子だったからね、何かをしてあげた事も無くて、彼の性癖を満たしてあげる関係には最後までなれなかったなぁ。

「で?」

「SMクラブとかに行った方がいいでしょうか?」

「うーん、それもひとつの手だよね。自分が何が好きが今でも分らないならそれを知る事も大切。」

「満足しないことは分っているんです。でも・・きっと抱きしめてはくれないだろうから・・・」

・・・その一言はとても哀しく見えた。
彼も最後にはぎゅっと抱きしめてあげて一杯の愛情を欲しがる子だった。

「隷華様は?」

「うん、やっとね、可愛い子出来てね^^心地良くいるよ。」

「離したくない子ですか?」

「^^」

「離したくないって言われる子が羨ましいです。幸せなんだろうな。」

ちょっぴり哀しい恋を続けてしてきた彼を知っていたから、
そんな悩みをどこにも言えなくて思わず昔を辿って私に行き着いたんだろう。
彷徨う事はもう無いと離す時には思ったのに。
そして何もしてあげられていなかった事も痛烈に感じて自分が痛かった。

暫くSMクラブや彼女の事、思い出話しでメールをやり取りした。
そしてブログの存在と読みたければ探せばいいと(笑)
彼女との交際を続ける事やSM行為の事は具体的には何も言わなかった。
それは彼が決める事。

射精管理やオナニーの管理、そんな話をぽろっとして終わりのメールになった。

「許可無く私は触りますが、お許しください。」

「もう私からは巣立ったのだから。あなたは自由よ。」

「触っては駄目!とは言ってくださらないのですね。勝手に巣立った私が悪いです。」

彼の中で私はちょっとだけ「主」だったようだ。
バーチャルの中でだけでもそんな関係を欲していたんだろう事は知ってたけれど。

無力だな、時々こんな風に言われて気が付かされる。
ブログを読めば今の私が少しは見えるでしょ^^
せめて、遠くの彼に文章では有るけれど私の姿を見せてあげたいと思った。

恋愛と性癖、一致する事の難しさ。
ノーマルで有ろうとしてどうしても出来ない部分を
私達は背負っているんだろう。
一般社会人として今を生きていく為に隠し続ける見せられない部分。
彷徨い人と私は表現しているけれど、
出来れば安心して心を任せられるお相手に出逢えて欲しい。
身体の痛み、身体の快感、願望、欲望、妄想、なにより心満ちたりる事。


一番嬉しいと思う時は、
どんな形でも私から巣立った子が、元気で幸せだって分った時なんだよ。

別窓 | 光と影 | コメント:3 | トラックバック:0
<<Happy Birthday(笑) | 隷華・・・そしてShadow | >>
この記事のコメント
ジョンさんへ
自分に気付く事。自分を知る事。
そしてどこへ歩いて行けば良いか決める事。
難しいですね。
分かっていても、感じても現実に出来ないジレンマ。
ジョンさんも今自分の居場所を探しているのでしょうか。
あなたにとって何が一番大切なものか、守らなければいけないものが何か・・・それに気付いた時にきっと前に道は開けると思います。

コメントありがとう^^
2007-04-04 Wed 17:05 | URL | 隷華 #7nflydWA[ 内容変更]
…切ないですね。
このコメントを書く手が、進みません。その気持ちよくわかります。今の私とよく似ている感が、ありました。また、楽しく読んでいきます(^。^;)
2007-04-03 Tue 23:18 | URL | ジョン #-[ 内容変更]
初めまして!

突然のコメント、失礼します。

私のサイトでこちらの記事を紹介させて
頂きましたのでご連絡させていただきます。

紹介記事は
http://keitaiwatch.blog93.fc2.com/blog-entry-92.html
です。
2007-04-03 Tue 14:15 | URL | 携帯電話どっとcom のJun #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 隷華・・・そしてShadow |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。