幾つかの出逢いと別れ、そして・・・今、君に出逢った
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
したい事
2006-11-23 Thu 19:25
季節が冬に向かって急に寒くなって来た。

したい事・・・。
もしかしたら凄く沢山有る。
彼の何気無い一言からアイディアが溢れて来て
そこから幾つもの「したい事」が見つかる。

おぼろげながら見えていた事
それが目の前で3Dになっていく。

(ここから先は18禁☆)
夜の公園のお散歩。

以前首輪を付けて下さいとドライブの途中、
夜桜を見て歩いていた時に唐突に言われた事が有る。

その時もまだ寒い3月の終わり。
じっとしていると凍えてくるような夜だった。
それでもその眼差しはどうしてもそうしたいのと訴えていたから
黙って頷いて首輪を付けリードを繋ぎ夜の公園を散歩した。

もちろん彼のように野外で全裸になる子でも無く
四つん這いにもさせなかった。
石畳の上夜桜の下まで脚を運んだ時に
すっと跪き隷華のヒールに口付けを繰り返す。
頬は地面に付き手は地面に・・・。

女性崇拝を否定し続けた子の「従としての誓い」だった。
女性崇拝を尊敬を肯定し始めた頃だった。

あの時に何故か物足りなさを感じてた。
確かに公園のお散歩だ。
首輪もリードもしてたし引いてた。
ヒールに口付けされてる時、ただその姿を見下ろしていた。
とても美しいと思ったけれど、その先に何かが無かった。

今考える。
公園のお散歩、首輪とリードを付けて引き回すんだ。
もちろん全裸に決まってる。私の前ではそれが彼の普通の姿。
透けたお洋服はOK、ベビードールもね。
その姿で四つん這いにして歩くの。

そのままで彼はきっと興奮して勃起させるだろう。
溢れた汁を垂らしながら息遣いも荒く私に引かれるだろう。

目隠しをしてもいいね。
そして私が話しかけてあげるんだよね。
一度も触れないまま引き回し、大勢の人に見てもらうの。
アナルにバイブ入れておく?
飛びっことコックリングも付けておこうか。
どれだけ彼がそれに反応するかは実証済み。
1つずつ試して歩くのも楽しいね。

そして周知の前で目隠しを外し、そのまま射精の許可を出すんだ。
自分の手でいけばいい。ううん、自分の手で果てるんだよ。
どこまでが妄想?どこからが現実・・・?
そうだね、暖かくなるまでに彼は沢山の事を経験してくんだろう。
少しずつ、でも確実に人の目に曝されて大きな快感を得る事を。

臆病と大胆さを同じだけ心に持っている彼。
したい事を私は知ってる。
夢を現実に出来る事を彼は知ってる。

季節暖かくなるまで冬眠しちゃう事は2人無いね。
これはひとつのしたい事。野外露出、周知編。

お買い物編もトイレ編も、発展場、映画館編も有る。

貪欲な彼。
さぁ、これからも淫乱な恋人でいなさい。
これからも可愛いわんちゃんでいなさい。

私の言葉だけに反応する、
私の許可なしにはオナニーも射精も許されない
あなたは「隷華の淫乱奴隷」
別窓 | 光と影 | コメント:0 | トラックバック:0
<<発展場2 | 隷華・・・そしてShadow | 序章>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 隷華・・・そしてShadow |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。